太陽光発電に適している鹿児島県

鹿児島県は、日本の地理において、南部に属するため、日照時間が比較的長く確保できます。
さらに、一年を通じて快晴の日数も多い気象条件を有しています。
太陽光発電は、太陽の光を利用して電力を発生させるため、なるべく長い時間太陽のクリアな光を確保する必要があります。
そこで、鹿児島県の有するこれらの気象条件は太陽光発電を行ううえでとても適しているといえます。
そのため、この利点を生かして、発電設備を設置する家庭が増えてきています。
個人宅においては、建物の屋上などに設備を設置しますが、その際は、より多くの太陽の光を受けられるように、なるべくなら南向きの屋根に30度くらいの角度をつけて設備を設置することが望ましいです。
さらに、個人宅だけでなく鹿児島県内にある役所や市民会館などの公共施設においても、発電設備の設置が進められています。
このような公共施設に設備を設置することで、住民の太陽光発電への関心を高めることができます。