資源の豊富な鹿児島で太陽光発電

流行の発信基地で、ビジネスにおいて最先端であるという地域の場合、極端に自然がないとか、反対に自然が豊富な場合、冬になると厳しい気候になるとか、GDPが低いとか日本国内でも格差的なものがあります。
しかし、自然や文化も豊富でありながら、産業も観光においても資源が豊富と言う場所があります。
それが、鹿児島です。
本土は、温暖な気候と肥沃な台地によって、多くの名産品を育んでいますし、離島でも屋久島や種子島のように、全国的にも有名な木材や、宇宙センターを擁しているなど、異論がある人はいないでしょう。
唯一の弱点とも言えた、本州の中心地から遠いと言う条件も、近年、新幹線が通った事により解消され、ますますその豊富さが注目されてくる事でしょう。
そう考えると、鹿児島で太陽光発電を設置すれば、さらにその恩恵を受けられそうです。
生活にかかるコストが抑えられるわけですからね。
農業に携わっている人も、観光業に携わっている人も、その豊富な資源により別段、困窮することなく暮らしているわけですから、ますます豊かになれることでしょう。
気候を見ると、半島と中心部とでは気候が違うとか、島では独特の感じであったりするなど差はあるものの、エリアによって極端に太陽光発電に向いていないという場所は見られません。
むしろ、沖縄のように台風の影響を受けやすいですから、屋根が強化されるソーラーパネルはプラスに働きそうです。
奄美群島のような常夏の場所でも、多くの日光を受けられそうですね。
広くて安価な物件が多くあるようですし、そういった場所でのんびりとした生活をするために移転するような人の場合、欠かせないシステムかもしれません。
大きなものを取り付ければ、初期費用はかかりますが、土地や建物がお得でその後のランニングコストがかからず、広くて効率的なことによって多くの電気を売ることが出来れば、もともとの生活費が都市部より抑えられるわけですから、より余裕を持った暮らしを実現できますよね。