鹿児島のほこりやちり

太陽光発電をおこなっていく時ですが、
主に考えていかなければいけないものがあります。
それは、太陽光発電パネルにほこりやちりが積もってしまうのではないか、
という部分です。
ちりやほこりという部分ですが、
特に太陽光発電にとってはあまりよろしいものではありません。
発電能力を下げてしまうことにもつながってきてしまうからです。
仮に発電能力が下がったままで利用し続けますと、
損をしていることにもなります。
せっかく太陽光発電でたくさんの発電ができるような機会を、
おのずから逃してしまっているというようないい方もできてしまいます。
そのような事はしっかりと避けていきましょう。
そのちりやほこりですが、特に気をつけていかなければいけない地域もあります。
それは、鹿児島です。
鹿児島にか活火山があります。
火山灰というものがあるのです。
ですので、太陽光発電をおこなう時には、
ちりとほこりと火山灰というものに対処をしていかなければいけないというわけなのです。
その鹿児島での太陽光発電とちりやほこりの対処法ですが、ないわけではありません。
その方法が太陽光パネルの角度をきつくするというものです。
そうすることで雨で綺麗にちりやほこりが洗い流されるようになっています。
そのように太陽光パネルの角度を変更していくということについてなのですが、
実はデメリットもあるのです。
そのデメリットなのですが、
あまりに急角度にしますと雪が勢い良く落ちてしまうというものです。
屋根の下などを通っていますと、被害にあってしまう危険性もあります。
しかし、そのデメリットが全くないといっても過言ではないのが、
鹿児島という地域特性です。
特に雪が降って積もるというような危険性もあまり考えられません。
ですので、ちりやほこりといったものをしっかりと洗い流す設定を採用していけるのです。
上手く活用しまして、しっかりと発電できるように計算していかれるべきです。
鹿児島でしっかりと太陽光発電を成功させていきましょう。